省CO2 技術「光」

太陽はいちばん身近なエネルギー。もっと親しく、有効に活用したいですね。

あらゆる生物の活力原でもある太陽の光。
空にどんどん近づいていく超高層ビルだから快適で自然な明るさを演出します。

上からの光、横からの光をとりこんで、
素晴らしい眺望と開放感が実感できます。
オフィスは快適な自然光を大きな窓から採り入れ、ビル内を通る吹き抜けにも光を導きます。生体リズムに合った開放的な空間を創造することで、オフィスで働く人々はもちろん来訪者にも居心地のいい時間を提供します。
横からの光を大切にするために、シースルーのエレベータも採用しています。
ビジネスゾーンでは自然採光と
テナントごとの照度設定が可能に。
オフィスでは自然採光の調光に加えて、テナントごとの照度設定もでき、時間帯に応じた照明制御も可能です。体内時計のリズムとあわせることで能率アップと省エネルギーが期待できる仕組みとなっています。
ダブルスキンのウィンドウで
必要な光を取り込みます。
窓はフロート合わせガラスとLow-e複層ガラスによるダブルスキン構造。豊かな眺望とともに広く光を取り込みます。ガラスとガラスの間には高遮熱ロールスクリーンを配置して空調負荷を低減します。
LED照明も活用し、
省エネルギー化を図ります。
共用空間などでは陰影の美学も考慮しつつ明るさの適正化により、光環境の向上と省エネルギー化を図ります。またLED照明も活用し、エコ照明を実現します。