省CO2

自然の光と風を十分に活用した「エコ」で「快適」な

千年以上前に建立された寺社や熊野古道など、
悠久の時を刻みながら魅力ある街として発展してきた阿倍野。
緑も豊かでいつも愛され親しまれてきました。
そして、2014年3月、高さ300メートルの超高層複合ビルが完成。
歴史と文化に恵まれたこの地にふさわしい今までにない環境に優しい街づくり。
自然エネルギーである光と風をビル全体に活用し、
エコ先進技術が効率よくいかされています。

大阪の代表的なコンパクトシティへ。
鉄道ターミナルの直上に百貨店、
オフィス、ホテル、美術館、展望台を複合。
パーク&ライドにより車の利用を
減少させる取り組みなど
街全体で省CO2を目指します。

透 -void structure-
光 -light passage-
風 -wind passage-
活 -biology-
連 -eco linking-
省 -saving CO2-

阿部野橋ターミナルビル整備計画は、平成20年度第2回国土交通省公募の「住宅・建築物省CO2推進モデル事業」に採択されました。